Calendar.
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Archives.
Categories.
Recomend.
プラネテス (1)
プラネテス (1) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
何度読んでも素晴らしい。
この漫画に出合えた僕は幸せ者です。

LONDONで英語版も買っちゃった。
<< PUBって素晴らしい! | main | NG。 >>
最後の最後で。
本当は昨日色々と書こうと思ってたんだけど…

とりあえず
「一昨日」
久しぶりに友達に会えて良かった。

MIMI>カレンダーありがとうね〜。あの「日めくり」はめくれない…

MISAKI>色々!ガンバレよ〜!

そうそう。
日本で僕に会おうと目論んでる人達がいるようですが。
その人達へ。「ガンバレ!」

昨日は
昼過ぎまでHOTELでダラダラ。
午後は「チェルシーVSリバプール」をPUB観戦しに
スタンフォード・ブリッジの近くへ。

「HOT WINGS & CHIPS」が食べたくなって
ケバブ屋を探したんだけど(前にも探した)近くにない。
でも、「どこかに必ずある」と信じて30分近く探し回った結果…負
いつもの中華屋へ。
中に入ったら「Need a Ticket」の声が。
さすがにダフ屋も、今回は警備が厳しかったようで。

食べ終わった後に外へ出たら
「リバプールファンVSチェルシーファン」の戦いが。
もちろん間には警官+騎馬隊の厚い壁。
こうやってファンの応援を見るのも最後。
じっくり観てきたよ。

その後は「SHOP」へ行ってブラブラと見て周り
試合開始5分前に人の流れに逆らってPUBへ向かい
PUBでBeerを頼まずに90分!

今回の試合は良かったよ。
まず僕が
「チェルシー!リバプールなんぞ潰してしまえ!」って思ってたから
2-0の勝利は素晴らしい!
さらには試合終了間際にリバプールのGKが一発退場!

チェルシーVSリバプール

オモシロイ試合内容でした。満足。

試合終了後は「出待ち」
ところが…ここで僕に異変が。

いつもの場所で待ってると出てきたのは「デ・オルノ」
「もうサインもらってるからいいや。」と思って
僕の後ろにいた車椅子の人達の分のサインをもらってあげたりして
(僕としてはココで何もしないのは気まずかったから、ちょうど良かった)

そんな感じで「出待ち」してて
「きっと他の選手は車で出て行ってるんだろうなぁ。帰ろうかな。」
とか思って帰ろうと歩いていったら
警備員の無線から「ランパードが駐車場に入ったから、もうすぐ出るぞ」って
聞こえちゃった。(その警備員は「ランパードは帰った」って言ってたけど)

でも、僕には「やる気」がない。
と言うより「出待ち」してて虚しくなってた。

でも帰っても暇だから待ってみるかと待ったら
グジョンセン、クレスポ、ギャラスなどなどが車で登場。
その後「ランパード」登場。
スタジアム前の道が渋滞してるから当然車は止まり
群がるファン。
サインを書き始めるランパード。(他の選手も書いてた)
そんな時に僕は写真を撮って終了。
ランパードが「Oh my god」って言いながら窓を開け事を後悔してた。

その後は「テリー」登場。
サインは書いてないけど↑と同じ状況で車は止まり
ファンは群がり僕は写真。

昨日の状況なら今までの僕なら「どの選手」もサインは貰えてた。
ただ昨日は僕の気持ちの問題。

完全に「やる気」なし。
選手が出てきて写真を撮っても「なんだかなぁ〜。虚しい。」

駅へ向かって歩いてた前方に人の群れが出来てる車が1台。
テリーでした。(渋滞に捕まってた。)
そうそう。
『「出待ち」常連のテリー好きの英国オバちゃん』
(わかる人には誰だかわかるよね)
凄いよ。テリーが、わざわざ車を止めて話しをしてた。

そこで1枚↓
テリー

僕が選手の写真を載ちゃった。
もう未練はない。

| England | 20:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:18 | - | - |
コメント
酷くない。
 
俺に無理やり会おうとしてる人達が
強すぎるの。

| Satoshi. | 2006/02/07 9:51 PM |
うん、頑張るわぁ〜。。。
ってか、日本で会える人と会えない人がいるのね!?
それ、ひどくない?(笑)
| 美早紀 | 2006/02/07 9:40 PM |
違う。違う。
むしろコッチから会いに行くよ。
| Satoshi. | 2006/02/06 11:27 PM |
俺は目論んでるヤツの一人か?
| エイト | 2006/02/06 9:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hikariniayume.jugem.jp/trackback/176
トラックバック