Calendar.
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Archives.
Categories.
Recomend.
プラネテス (1)
プラネテス (1) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
何度読んでも素晴らしい。
この漫画に出合えた僕は幸せ者です。

LONDONで英語版も買っちゃった。
<< ・・・眠気が。 | main | 気がつけば・・・。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Still alive.
「寒さ」なんかで死ぬわけもなく
元気でPRAHAにいます。

これまでの流れは
「WIEN」→「Budapest」→「Bratislava」→「Praha」と
2日で4ヶ国を周りました。

といっても「Budapest」は滞在時間
約2時間!(電車が遅れたせいで予定より1時間減った。)

しかも「Hungary」はEUに加盟してないから€じゃない!
めんどくさい!通貨覚えられない!
でも時間がないから両替してMetro+RUNで観光。

CRNMPLERのバックを担ぎ左手にガイド右手にカメラを持った
アジア人が走ってるから待ち行く人達に「なにあれ?」目線。

でも、そんなの気にしてる時間はない!
着いた駅から「Bratislava」行きの列車が出る駅まで常にRUN。

駅でHOTELの勧誘が近寄ってきたら眼で追い払い。
キセルで捕まって時間取られるのが嫌だから切符を買い。
…疲れた。

それでもギリギリで「Bratislava」行きの列車に乗って
6人用の個室(2等)を独り占めして部屋の電気を消して小さなランプが
強くなったり弱くなったりする中、外の夜景を見ながら
「Bratislava」へ。
ところが…ノンビリしすぎた!
駅に着くたびに窓を開けて眺めてたんだけど
基本的にプラットホームに駅名が少ない!(っていうか無い!)
で列車が走り始めてホームの端の所の駅名を見たら「Bratislava」
…降り損ねた!
駅員に聞いたら、わざわざ時刻表を調べてくれて次の駅で降りてReturn。
駅に無事に着いたのは良いけど
時刻は21時過ぎ。
自力でHotelへ行くのは危険と判断してTAXI
HOTELに着くと値段をフッかける運転手。
そんなのには負けません。
この1年で僕は結構強くなりました。

Hotelに着くと「豪華」
テニスコートにジムまであった。
でも、これは僕にとっては予約する時点で免れられるMistake。
だって費用が…
しかも「ミニバー」を観たらスロバキアWINEが!
飲んだ〜よ!
↑バカでしょ?

そして今日は
Hotelから駅まで(1時間)を歩きながら観光。
といっても観光する所はない?正確には知らない?
ガイドは無いしHotelでもらったMapも微妙。
それに通貨を両替してないから何も買えない。

なのでサッサと「Praha」へ来ました。
移動時間3時間。
もう移動時間は何時間でもOK!(列車に限る)
で思ったのは、やっぱり旅には列車が1番!
乗客を見てるだけでもオモシロイ。

ちなみに僕の中での順位は
1 列車
2 車
3 飛行機
4 船

そうそう
「Wien」→「Budapest」の列車で久しぶりのアレが。
列車に乗って出発を待てて20分ぐらい遅れで発車。
そしたら駅員が来て「この車両は暖房が動きません」だって。
車両に入って席に座った時から気づいてはいたけどさ。
動き出したら点くかな。って思ってたのに!
っていうか「そんな車両を使うな!」
で他の車両へ行って落ち着いて自作サンドイッチ(材料はHOTELの朝食)を
食べようとしたら列車がトンネルへ入った。
はい。真っ暗。かすかな光さえ無し!
電気をつけようと手探りでスイッチを押しても電気は点かず
あきらめてトンネルを出るまで何も見えないまま待って
トンネルを出てライトをみたら電球が無い!
…あぁ〜バカぁ〜。
でも最近こんなバカが好きになってます。
なんだかオモシロイ。

まぁ、こんな感じです。

それから予定を変更しました。
日本帰国日を…






うそ。

ただ「WARSZAWA」へ行くのを止めました。
TVの天気予報を見てたらLONDONが0℃の時にWarszawaは−26℃。
本当に死んじゃいます。
それにWarszawaへ行くと時間がギリギリ(ちょっと遠い)
なので「PRAHA」へ2泊してオランダへ向かいます。

↓どうもトランクの動きがおかしいと思ったらタイヤが大変な事に。
(右上のタイヤだけ)
トランク
| | 03:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:36 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hikariniayume.jugem.jp/trackback/165
トラックバック