Calendar.
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Archives.
Categories.
Recomend.
プラネテス (1)
プラネテス (1) (JUGEMレビュー »)
幸村 誠
何度読んでも素晴らしい。
この漫画に出合えた僕は幸せ者です。

LONDONで英語版も買っちゃった。
<< Home! | main | 明日で…。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゆき〜!
行ってきました。
「Newcastle vs Charlton」
Hotelを出るとチラチラと雪が降ってたんだけど
それがスタジアムについてShopに入ってる間に本降りに。
外に出てビックリ。
歩道と車道の区別がつかない。
車は徐行どころか人より遅く走ってるし坂では
タイヤをキュルキュル言わせてる。

僕も、ちょっと歩いてるだけで雪が積もる積もる。
救いだったのは極寒じゃなかった。

でもTICKETを手に入れないと、どうしようもないから
スタジアムを1周したんだけどダフ屋がいない…
ダメもとでBOX OFFICEへ行ってみると
一番上の席なら余って買えるらしい。
でも「どうせ観るなら良い所」と思って「下の席がいいんだけど」って
聞いてみたら気の良い兄ちゃんが探してくれて1枚だけ発見。
£36だって言うから即決で購入。
その後は暇だから選手の入り待ち(見るだけ)
シアラー、オーウェンを間近で見てテンションをあげて
スタジアム入り。
席へ入ってみると本気でBEST SEAT!
サイドの、ど真ん中で目の前がベンチ。
でもスタジアムの構造がよく席の勾配が急でベンチが邪魔にならず
ピッチが見渡せる。(今までで一番いいかも。)
ピッチでは「雪かき」してて新鮮だった。
ベンチの真横、ピッチのギリギリまで降りられたから選手が
練習しに出てくるのを待っているとNewcastleの監督が現れ
サイン、写真をGET。
その後、審判団が現れ何か話し合ってる…嫌な予感が…
そして選手が現れ始め練習しようとすると審判が引きとめ手で×印を!
放送で「今日の試合は雪で中止」…やっぱり。(泣)
と同時にファンから審判へブーイングが(試合中よりも酷い)
選手は芝を足で確認しながら引き上げていく。
(放送の5分後には雪は止んだけどね。)

でも諦めずに、そこに留まってると
Newcastle選手が続々と出てきて練習し始め
シアラー、オーウェンもファンの呼びかけに応えてる。
これはサインが貰えるかもと思ってたら
スタジアムのSecurityの奴らがファンの追い出しを始め
その裏をかきながら写真を撮ってると
人の事を腹でドンドン押し始めやがって頭に来たから目を見て
日本語でボロクソ言ってやった。(英語だとヤバイので)

スタジアムの外にでてTICKETの払い戻しをしてもらおうとOfficeへ行くと
人だかりが、そしてStaffが大声で何か言ってって
「明日、電話で問い合わせろ」って事らしい。
出たな卑怯者め!そうやって払い戻す気なんて無いんだろ!
なんて思いながら出待ちPOINTへ。
チャールトン選手がBUSへ乗り込んで去っていくと
Securityが「ココには、もう誰も来ないから家へ帰って」だって。
誰がお前らの言う事なんて信じるか!
その場を後にして唯一スタジアム内が見れる場所へ行って
選手を見てるとStaffが「パイ欲しい?」と
そこで待ってる人達に聞いてきて、皆が「頂戴〜!」
そしたら段ボール箱でパイを持ってきて配り始め
タダで3つGET。しかも温めてあってGood!
それを食べながら待ってると柵と共に高級車が。
これは出てくると確信して待ってると
シアラーとオーウェンが一緒の車で出て行った。
はい。残念。

で寒いからパイを食べながらHotelへ。
その途中が大変だった。
雪が止んだのはいいけど寒さのせいで凍りに…
あちこちで転ぶイギリス人。(ざまあみろ〜!)
そんな事思ってたら辺りが目で見ただけでも滑るのがよくわかる
状態の坂へ踏み込んでしまい。
ヤバイと思って立ち止まったら、そのまま3〜4mほど滑った。
(体制は立ち止まった状態)
この時出来る事は「止まれ〜!」って祈る事とバランス維持のみ。
その後は慎重に歩きHotelへ戻ってきました。

まぁ試合は観れなかったけど、なんだか楽しかったから良し!
「イタリア旅行」は明日にでも書きます。
Newcastle
| FootBall | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hikariniayume.jugem.jp/trackback/139
トラックバック